本文へ移動

統括部ダイアリー

お知らせ

【満足度向上】男性育休取得者インタビュー(管理者)

2024-01-15
チェックNEW
有料老人ホーム カメリア
男性の育児休業取得促進のため、令和3年6月に育児・介護休業法が改正されました。企業などで働く男性の育児休業の取得率は、昨年度、おおよそ17%と過去最高になったことが厚生労働省の調査でわかりました。しかし、未だ高い数値とは言えず、取得が行えているのも大企業が中心となっています。
そんな中、医療法人いちえ会 介護部門統括部でも男性の育休取得を行った部署がありました。20~30代の比較的若年のスタッフが在籍している「伊月病院 訪問リハビリテーション」です。今回は育休取得に際しての実際を訪問リハビリの管理者と育休取得者(2名)にインタビューを行いました。今回は部署の管理者のインタビューを掲載します。

「訪問リハビリテーション」管理者
●育休取得の相談を受けた時のことを教えて下さい。
→男性スタッフの奥様がご懐妊されたという報告をされた時期から育休について考えていましたが、いざ実際に「取得したい」と言われると少したじろいでしまいました。しかし、昨今の日本社会において男性育休取得推進ということもありますし、何より大切なスタッフの支えになりたい、ぜひとも育休取得してほしいという想いが強くなっていきました。

●職員が育休に入るにあたり、どのように準備を進めましたか?
→育休を取ることで訪問リハビリのご利用者様にご迷惑をお掛けしないよう、利用状況の確認やスケジュールの調整を行いました。しかしどうしても職員の絶対数は減ってしまうため他部署への協力要請を行いました。訪問リハビリだけの課題ではなく、介護部門統括部全体の課題として他部署のスタッフが助けてくれたのでとても感謝しています。

●今後育休取得者が増えるためにどのようなことが必要だと思いますか?
→今回は実動上のヘルプを頼んだセラピストだけでなく、介護部門統括部全体で様々な方の協力がありました。訪問リハビリの職員の事でしたが、「人を大切にする」という方針のもと、介護部門統括部の職員の事として一緒に考え、行動してもらったことが嬉しかったです。今後他の部署からも育休取得者が出てくるために、部署内だけでなく介護部門統括部全体で関係性を築いていくことが大切だと思います。
TOPへ戻る